1. ホーム /
  2. TOKEN /
  3. BitForex と BFトークン

BitForex と BFトークン

以下ではBitForexとBFトークンの設計について考察する。記載内容についてはホワートペーパー等により知り得た客観的事実、そして我々が各国を回る中で得た知識・経験に基づいており、都度追記・修正を加えるものとする。また、本記事はトークンの将来的な価格変動に関して一切の責任を負わない。 

Update : 2018/8/1

概要

BitForex Token(BF)とは、取引所BitForexが発行するユーティリティトークンである。Ethereumを利用したERC20に準拠するトークンであり、将来的に独自ブロックチェーンへと移行する計画等も執筆時点では発表されていない。発行元のBitForexは2017年12月にオープンした新興取引所だが、BitForexの運営チームに関する詳細な情報は公開されていない。後述するBFのプレセール用のウェブページでは、Node CapitalやHuobi Capitalから出資を受けている旨が記述してある時期もあったが、執筆時点で当該情報は確認できなくなっている。
BitForexおよびBFは、取引所FCoinに端を発し続々と出現した取引所の収益分配型トークンのひとつで、基本的なトークンの設計はFCoinの発行するFCoin Tokenと似ている。トークンの最初の分配を取引手数料の還元という形で行われる点では同じだが、FCoinでは取引所の収益が直接そのまま還元されているのに対し、BFではBFトークンの市場からの買い戻しによる値上がり益という形で還元される。また、FCoinやCoinExが発行したトークンとは違い、BitForexでは一部BFのプレセールが行われた。
暗号通貨全般の情報を提供しているCoinMarketCap(CMC)によれば、FCoinや取引所CoinExは、そのトークンの性質からローンチ後すぐに取引高を急拡大させたが、BitForexも例に漏れず取引高を拡大させているようだ。一方で、2018年7月16日、暗号通貨取引所の比較サービスを運営するCrypto Exchange Ranks(CER)の調査において、BitForexのCMCにおける取引量水増しが指摘(注1)されており、CMCで公表されているBitForexの取引高が本来の数値か否かは疑問の余地がある。

注1:) 参照 https://blog.cryptoexchangeranks.com/industry-news/is-making-fake-24-h-trading-volumes-the-best-marketing-strategy-for-crypto-exchanges/

ユースケース

執筆時点では、BitForex上でUSDT建てのトレードを行う以外のユースケースは存在しない。将来的にはBitForexの運営に関わる意思決定に参加する権利が与えられるとされている。

トークン設計

BFトークンは既に述べた通り、Ethereumを利用したERC20に準拠するユーティリティトークンだ。総発行枚数は100億CETだが、BitForexが毎月末に月間収益の80%を使ってBFを買い戻す計画だ。なお、BitForexが買い戻したBFの扱いについては触れられていない点に注意が必要である。

ディストリビューション

BTの発行にあたって一部プレセールが実施され、総発行量の100億BTのうち8%にあたる8億BTが販売された。プレセールは4日間にわたり、1日2億BTずつ入札方式で実施された。プレセール時の価格は1BFあたり0.03USDTとして運営チームが規定している。いずれの販売日においても、用意された2億BT以上の入札が入っており、8億BTすべてが完売したため運営チームは2,400万USDTの調達に成功している。
その他のディストリビューションについては次のとおり実施される予定だ。
– 40%: 取引マイニング
– 24%: 招待インセンティブ
– 20%: 運営チーム
– 8%: 私募

ユーザーへの配布は主として取引マイニングを通じて行われ、BitForexに利用者を誘致することによって獲得できる招待キャンペーンによってもBFが付与される。

取引マイニングとは、BitForex内の取引に発生した取引手数料をBT建てで還元してもらうことで、取引マイニング用に割り当てられている40億BFがなくなるまで実施される。BitForexの取引マイニングでは、取引手数料の還元率が120%となっており、仕組みの上ではBitForex上で取引すればするほど得をするようになっている。なお、還元される120%のBFのうち、80%はすぐに売買可能な形で付与されるが、残り40%のBFにはロックアップがかけられており、1日ごとに少しずつロックが解除されるようになっている。

ロードマップ

今後のロードマップは公開されておらず詳細は不明である。

投稿者プロフィール

Baroque Street 編集部
Baroque Street 編集部
暗号通貨のシンクタンク。
アジア、ヨーロッパを中心に各種関連企業にヒアリングを行い、各国の法規制やトークンの設計、取引所の運営等を調査している。