サイトポリシー

このサイトhttps://crypto-abroad.jp/(以下、「本サイト」といいます)は、株式会社Baroque Street(以下、「弊社」といいます)が運営しています。本サイトを利用される前に以下の注意点をお読みいただき、ご了解いただいたうえでご利用ください。なお、弊社は、本サイトの利用条件を予告なしに変更することがありますので、最新のご利用条件をご確認ください。

 

目的

本サイトは日本国外の暗号通貨動向をできるだけ一次情報に基づいた形で、日本の企業及び個人に向けて発信していくことを目的としております。現在日本では、アクセスを増やすことに重点を置き、記事数を効率的に多くする為に、エビデンスのない状態で記事を横流ししているサイトが大半を占め、その中には少なからず誤った情報が含まれています。また、適切な情報に関しても、そのほとんどのソースが海外のもので、オリジナリティのある記事は中々見受けられません。本サイトでは、今海外では何が起こっているのかということを、実際に見聞きした情報をベースに記事化するとともに、暗号通貨の現状や未来についてより深い議論を行うための一つの礎として機能することを目指して参ります。

 

“Cryptocurrency”の表記について

本サイトではビットコインをはじめとする ”cryptocurrency” について「暗号通貨」という表現を用いております。一般的には「仮想通貨」と言われるケースが多いですが、仮想通貨は ”virtual currency”、すなわち「現実にない通貨」というニュアンスがあり、その存在がヴァーチャルであることが強調されます。ビットコインなどの通貨の新しさは、それが目に見えないことにあるのではなく、様々な暗号技術を駆使してセキュリティの分散化を図ることにあるため、その意味においては「仮想通貨」よりも「暗号通貨」という表現の方がふさわしいと考え、このような表記で統一しております。

 

免責

弊社および本サイトの執筆者は、執筆する内容に関して中立性、正確性を保つために最大限の努力をします。しかしながら、本サイトおよび執筆者は、ユーザーが本サイトの情報を元に行った行動の一切について責任を負うものではありません。

記事内容には外部リンクが含まれている場合がありますが、移動した先のサイトは弊社が運営するものではありません。したがって、その内容等につきまして弊社は責任を負いかねますのでご了承ください。また、ユーザーが本サイトから外部リンク先へ飛び、行った行動の一切について弊社および本サイトは責任を負うものではありません。

暗号通貨の価格等の将来予測に関する記事もありますが、執筆者が投稿する内容の一切は情報の提供を目的としております。これらの将来予測の記述には一定のリスクや不確実性などが含まれており、実際の結果とは異なる可能性があることにご注意ください。本サイトによって公開されたすべてのデータ、情報は、ユーザーの投資判断を促すものではありません。

 

著作権

本サイト上で公開されたすべての内容(文章、画像、情報等)の知的財産権は、弊社が定める規定により、弊社または執筆者に帰属します。

本サイトの内容は著作権法第32条における引用の範囲内において自由に利用することができますが、これらを無断で転載、使用、複製、配布、改変等を行うことはできません。

引用の範囲外で本サイトの記事を利用したい場合は、本サイトのお問い合わせページ、もしくは弊社のお問い合わせページからお問い合わせいただくようお願いします。

また、本サイトを発行元とする分析、調査等の公開データについては、改変を加えない、かつ本サイトが引用元であることを明記することを条件に、自由に利用することができます。